このエントリーをはてなブックマークに追加


PostgreSQLのバックスラッシュから始まるコマンド一覧を表示する方法

PostgreSQLのプロンプトでバックスラッシュ(\)文字から始まるコマンドの一覧を表示する方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連資料

psqlプロンプト上で\?を実行

psqlコマンドでPostgreSQLに接続し\?と入力するとバックスラッシュ(\)から始まるコマンド一覧を表示することができます。

-bash-3.2$ LANG=ja_JP.utf8 psql 
psql (8.4.13)
"help" でヘルプを表示します.

postgres=# \?
一般
  \copyright     PostgreSQL の使い方と配布条件を表示
  \g [ファイル] または ;  クエリー実行(し、結果をファイルまたは |パイプ へ書き出す)
  \h [名前]      SQL コマンドの書式のヘルプ、* で全コマンド
  \q             psql を終了

クエリーバッファ
  \e [ファイル]  現在のクエリーバッファ(やファイル)を外部エディタで編集
  \e [関数名]    関数定義を外部エディタで編集
  \p             クエリーバッファの内容を表示
  \r             クエリーバッファをリセット(クリア)
  \s [ファイル]  ヒストリを表示またはファイルに保存
  \w ファイル    クエリーバッファの内容をファイルに書き出す

入出力
  \copy ...      クライアントホストに対し、データストリームを使って
                  SQL コピーを行う
  \echo [文字列] 文字列を標準出力に書き出す
  \i ファイル    ファイルからコマンドを読み込んで実行
  \o [ファイル]  すべてのクエリーの結果をファイルまたは |パイプ へ送る
  \qecho [文字列]    文字列をクエリー出力ストリームに出力(\o を参照)

情報
(修飾子: S = システムオブジェクトを表示 + = 詳細情報)
  \d[S+]                テーブル、ビュー、シーケンスの一覧を表示
  \d[S+]   名前         テーブル、ビュー、シーケンス、インデックスの説明を表示
  \da[+]   [パターン]   集約関数一覧を表示
  \db[+]   [パターン]   テーブルスペース一覧を表示
  \dc[S]   [パターン]   変換ルール一覧を表示
  \dC      [パターン]   キャスト一覧を表示
  \dd[S]   [パターン]   オブジェクトのコメントを表示
  \dD[S]   [パターン]   ドメイン一覧を表示
  \des[+]  [パターン]   外部サーバ一覧を表示
  \deu[+]  [パターン]   ユーザマッピングの一覧を表示
  \dew[+]  [パターン]   外部データラッパーの一覧を表示
  \df[antw][S+]   [パターン]   関数(集約/通常/トリガ/ウィンドウのみ)一覧を表示
  \dF[+]   [パターン]   テキスト検索設定一覧を表示
  \dFd[+]  [パターン]   テキスト検索用の辞書一覧を表示
  \dFp[+]  [パターン]   テキスト検索用のパーサ一覧を表示
  \dFt[+]  [パターン]   テキスト検索用のテンプレート一覧を表示
  \dg[+]  [PATTERN]      list roles (groups)
  \di[S+]  [パターン]   インデックスの一覧を表示
  \dl             ラージオブジェクトの一覧を表示。\lo_list と同じ。
  \dn[+]   [パターン]   スキーマの一覧を表示
  \do[S]   [名前]       演算子の一覧を表示
  \dp [パターン]       テーブル、ビュー、シーケンスのアクセス権一覧を表示
  \ds[S+]  [パターン]   シーケンスの一覧を表示
  \dt[S+]  [パターン]   テーブルの一覧を表示
  \dT[S+]  [パターン]   データ型の一覧を表示
  \du[+]  [PATTERN]      list roles (users)
  \dv[S+]  [パターン]   ビューの一覧を表示
  \l[+]                 データベースの一覧を表示
   \z      [パターン]   \dp と同じ

書式設定
  \a             'unaligned' および 'aligned' 出力モードのトグル
  \C タイトル    テーブルのタイトルをセット、指定がなければ解除
  \f [文字列]    クエリー出力の際に桁揃えを行わない(unaligned)場合に
                  使用するフィールド区切り文字を表示または指定
  \H             HTML の出力モードをトグル(現在: オフ)
  \pset 名前 [値]    テーブル出力のオプション設定
                 (名前 := {format|border|expanded|fieldsep|footer|null|
                 numericlocale|recordsep|tuples_only|title|tableattr|pager})
  \t [on|off]    行のみ表示する (現在: オフ)
  \T [文字列]    HTML の <table> タグの属性をセット。引数がなければ解除。
  \x [on|off]    拡張出力のトグル(現在: オフ)

接続
  \c[onnect] [DB名|- ユーザ名|- ホスト名|- ポート番号|-]
                 新しいデータベースに接続する (現在: "postgres")
  \encoding [エンコーディング]
                 クライアントのエンコーディングを表示またはセット
  \password [USERNAME]  ユーザのパスワードを安全に変更する

オペレーティングシステム
  \cd [DIR]         カレントディレクトリを変更
  \timing [on|off]  コマンドのタイミングを切り替え(現在: オフ)
  \! [コマンド]  シェルでコマンドを実行、もしくは会話型シェルを起動

変数
  \prompt [テキスト] 変数名    ユーザに内部変数をセットするよう促す
  \set [変数名 [値]]
                 内部変数の値をセット。引数がない場合は一覧表示。
  \unset 変数名          内部変数を削除

ラージオブジェクト
  \lo_export LOBOID ファイル名
  \lo_import ファイル名 [コメント]
  \lo_list
  \lo_unlink LOBOID     ラージオブジェクトの操作
postgres=# 

以上の操作でバックスラッシュ(\)から始まるコマンド一覧を表示することができます。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:08:00 (1216d)