このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOSでPostgreSQLをソースからコンパイルする手順

PostgreSQLのソースを入手しソースからコンパイルしインストールする手順を記します。
最新のPostgreSQLを試してみたり、プライベートな環境を構築することができます。

使用したOSはCentOS5, CentOS6の2つです。
CentOS5, CentOS6で操作に差異がある場合は、別途記述します。


スポンサーリンク

PostgreSQLのソースコードを入手する

NPO法人 日本PostgreSQLユーザ会からPostgreSQLのソースコードをダウンロードすることができます。
ブラウザを利用してダウンロードしてもよいですし、wgetやcurlコマンドを利用してダウンロードしてもよいでしょう。

本資料では、ブラウザを利用してダウンロードします。
本資料作成時の最新バージョンである、9.1.4のソースコードを利用します。

01.gif

Cコンパイラなどの開発環境をインストールしていない場合

CentOSで開発環境をインストールしていない場合は、以下の資料を参考に開発環境(ツール)をインストールしてください。

ダウンロードしたPostgreSQLを解凍します。

以下、CentOS上での作業です。

ユーザアカウントはsakuraで行います。

以下の通り、ダウンロードしたPostgreSQLのソースコードはアカウントsakuraのホームディレクトリに保存しました。

[sakura@centos ~]$ pwd
/home/sakura
[sakura@centos ~]$ ls -l
合計 19984
-rw-r--r-- 1 sakura sakura 20437875  8月  8 22:56 postgresql-9.1.4.tar.gz

コンパイルする前にインストールが必要なパッケージなど

CentOS5, CentOS6でPostgreSQLをソースコードからコンパイルするために必要なパッケージなどを以下に記します。

CentOS 5

  1. flexのインストール(バージョンアップ)
    記事を参考にflexをインストールしてください。
  2. readline-develパッケージのインストール
  3. zlib-develパッケージのインストール

CentOS 6

  1. readline-develパッケージのインストール
  2. zlib-develパッケージのインストール

以下にパッケージがインストールされていない場合にconfigureコマンドを利用すると出力される警告やエラーについて記します。
コンパイルとインストールに進む方は「コンパイル&インストール」に進んでください。

CentOS5に必要なflexのバージョンアップ

configureで以下のWARNINGが出力される原因はflexのバージョンが古いためです。
以下リンクはflexをソースコードからインストールする記事です。
記事を参考にflexをインストールしてください。

  • flexのインストール
    checking for flex... configure: WARNING:
    *** The installed version of Flex, /usr/bin/flex, is too old to use with PostgreSQL.
    *** Flex version 2.5.31 or later is required, but this is /usr/bin/flex version 2.5.4.
    configure: WARNING:
    *** The installed version of Flex, /usr/bin/lex, is too old to use with PostgreSQL.
    *** Flex version 2.5.31 or later is required, but this is /usr/bin/lex version 2.5.4.
    no
    configure: WARNING:
    *** Without Flex you will not be able to build PostgreSQL from Git nor
    *** change any of the scanner definition files.  You can obtain Flex from
    *** a GNU mirror site.  (If you are using the official distribution of
    *** PostgreSQL then you do not need to worry about this because the Flex
    *** output is pre-generated.)

readlineのライブラリ

configure時に以下のメッセージが表示された場合は、readline-develがインストールされていないためです。

configure: error: readline library not found
If you have readline already installed, see config.log for details on the
failure.  It is possible the compiler isn't looking in the proper directory.
Use --without-readline to disable readline support.

rootになり、以下のコマンドでreadline-develをインストールしてください。

yum -y install readline-devel

zlibライブラリ

configure時に以下のメッセージが表示された場合は、zlib-develがインストールされていないためです。

configure: error: zlib library not found
If you have zlib already installed, see config.log for details on the
failure.  It is possible the compiler isn't looking in the proper directory.
Use --without-zlib to disable zlib support.

rootになり、以下のコマンドでzlib-develをインストールしてください。

yum -y install zlib-devel

コンパイル&インストール

以下の手順でPostgreSQLのソースコードのコンパイルとインストールを行います。

  1. PostgreSQLソースのtarボールの展開
    以下のコマンドで展開します。
    tar zxvf postgresql-9.1.4.tar.gz
    展開が完了するとホームディレクトリは以下のようになります。
    [sakura@centos ~]$ ls -ltr
    合計 19988
    drwxrwxr-x 6 sakura sakura     4096  6月  1 08:25 postgresql-9.1.4
    -rw-r--r-- 1 sakura sakura 20437875  8月  8 22:56 postgresql-9.1.4.tar.gz
    postgresql-9.1.4ディレクトリが作成されPostgreSQLのソースなど一式が格納されています。
     
  2. 展開したディレクトリにcdする
    cd postgresql-9.1.4
     
  3. configureコマンドを実行する
    ./configure --prefix=$HOME/pgsql
    上記の--prefixはインストールするディレクトリになります。
    ホームディレクトリのpgsqlにインストールするように指示していあります。
     
  4. makeコマンドを実行(ソースコードのコンパイル)
    make
     
    以下のメッセージが表示されればコンパイルは完了です。
    All of PostgreSQL successfully made. Ready to install.
     
  5. make install コマンドを実行
    configureで指定したprefixのディレクトリにPostgreSQLがインストールされます。
    [sakura@centos postgresql-9.1.4]$ make install
    <snip>
    PostgreSQL installation complete.
     
    $HOME/pgsqlにインストールされているのが確認できます。
    [sakura@centos postgresql-9.1.4]$ ls -l $HOME/pgsql
    合計 16
    drwxrwxr-x 2 sakura sakura 4096  8月  9 00:00 bin
    drwxrwxr-x 6 sakura sakura 4096  8月  9 00:00 include
    drwxrwxr-x 3 sakura sakura 4096  8月  9 00:00 lib
    drwxrwxr-x 6 sakura sakura 4096  8月  9 00:00 share

インストールしたPostgreSQLを起動してみる

ホームディレクトリ内にインストールしたPostgreSQLを起動するために以下のようにPATHを設定します。
.bashrcなどに追記すれば以後、有効になります。

export PATH=$HOME/pgsql/bin:$PATH
  • initdbをしてみる
    上記のPATH設定によりinitdbコマンドがprefixで指定したディレクトリのbinディレクトリにインストールしたinitdbコマンドを示しています。
    [sakura@centos postgresql-9.1.4]$ which initdb
    ~/pgsql/bin/initdb
     
    ホームディレクトリに戻りinitdbしてみます。
    [sakura@centos postgresql-9.1.4]$ cd
    [sakura@centos ~]$ initdb -D $HOME/sakura
    The files belonging to this database system will be owned by user "sakura".
    This user must also own the server process.
    
    <snip>
    creating directory /home/sakura/sakura ... ok
    creating subdirectories ... ok
    selecting default max_connections ... 100
    selecting default shared_buffers ... 32MB
    creating configuration files ... ok
    creating template1 database in /home/sakura/sakura/base/1 ... ok
    <snip>
    Success. You can now start the database server using:
    
        postgres -D /home/sakura/sakura
    or
        pg_ctl -D /home/sakura/sakura -l logfile start
  • initdbの結果 $HOME/sakuraにinitdbにより作成されたデータベースシステム(クラスタ)が作成されました。
    [sakura@centos ~]$ ls -l sakura/
    合計 80
    -rw------- 1 sakura sakura     4  8月  9 00:07 PG_VERSION
    drwx------ 5 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 base
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 global
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_clog
    -rw------- 1 sakura sakura  4470  8月  9 00:07 pg_hba.conf
    -rw------- 1 sakura sakura  1636  8月  9 00:07 pg_ident.conf
    drwx------ 4 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_multixact
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_notify
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_serial
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_stat_tmp
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_subtrans
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_tblspc
    drwx------ 2 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_twophase
    drwx------ 3 sakura sakura  4096  8月  9 00:07 pg_xlog
    -rw------- 1 sakura sakura 19168  8月  9 00:07 postgresql.conf
  • 作成したデータベースシステム(クラスタ)を起動してみます。
    pg_ctlコマンドにより起動します。
    [sakura@centos ~]$ pg_ctl -D $HOME/sakura start
    server starting
    [sakura@centos ~]$ LOG:  database system was shut down at 2012-08-09 00:07:32 JST
    LOG:  autovacuum launcher started
    LOG:  database system is ready to accept connections
    Enterキーを押せばプロンプトが戻ってきます。
  • SQLを実行してみます。
    psqlコマンドを起動しSQLを実行してみます。
    データベースを作成していないので、最初からあるpostgresに接続しSQLを実行してみます。
    [sakura@centos ~]$ psql postgres
    psql (9.1.4)
    Type "help" for help.
    
    postgres=# select now();
                  now
    -------------------------------
     2012-08-09 00:13:27.710802+09
    (1 row)
    
    postgres-# \q
  • PostgreSQLの停止をしてみます。 pg_ctlコマンドで起動したPostgreSQLを停止させます。
    [sakura@centos ~]$ pg_ctl stop -D $HOME/sakura
    LOG:  received smart shutdown request
    LOG:  autovacuum launcher shutting down
    LOG:  shutting down
    waiting for server to shut down....LOG:  database system is shut down
     done
    server stopped

関連資料


スポンサーリンク


添付ファイル: file01.gif 200件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:08:00 (1216d)