このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

PythonとSQLiteでメモリデータベースとして利用する方法

PythonとSQLite3でメモリデータベースを利用するサンプルコードを以下に記します。
尚、sqlite3のモジュールはPython2.5から標準ライブラリ入っています。


スポンサーリンク

動作確認環境

$ python --version
Python 2.7.3
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 12.04.4 LTS

関連記事

:memory:でメモリデータベースを作成する

PythonでSQLiteに接続する構文で:memory:を指定するとRAM上にデータベースが作成されます。
使い方によっては便利なプログラミングが可能になるのではないでしょうか。

  • メモリデータベースのサンプルコード
    #!/usr/bin/env python
    # -*- coding: utf-8 -*-
    import sqlite3
    
    con = sqlite3.connect(":memory:")
    # con = sqlite3.connect(db, isolation_level=None) # auto commit mode
    
    #create talbe
    sql = u"""
    create table 商品マスタ (
    コード int,
    商品名 varchar(100),
    単価 int
    );
    """
    con.execute(sql)
    
    # insert items
    sql = u"insert into 商品マスタ values (1,'りんご', 100);"
    con.execute(sql)
    sql = u"insert into 商品マスタ values (2,'みかん', 200);"
    con.execute(sql)
    sql = u"insert into 商品マスタ values (3,'いちご', 300);"
    con.execute(sql)
    
    cur = con.cursor()
    sql = u"select * from 商品マスタ"
    cur.execute(sql)
    
    for r in cur:
      print r[0], r[1], r[2]
    
    con.close()
  • 実行結果
    $ chmod +x memdb.py
    $ ./memdb.py
    1 りんご 100
    2 みかん 200
    3 いちご 300

以上、PythonとSQLite3でメモリデータベースを作成し操作するサンプルコードでした。


スポンサーリンク


添付ファイル: filememdb.py 38件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:08:00 (673d)