このエントリーをはてなブックマークに追加


PostgreSQLのPREPAREでPreparedStatementsを作成する方法

JavaのPreparedStatementや、PHPの$dbh->prepare(...)などと同じような動作をPostgreSQLを使用してSQL文で実現する方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

動作確認環境

以下の環境で動作確認を行いました。

  • OS
    CentOS6 x86_64
  • PostgreSQL
    PostgreSQL 8.4.13

PREPAREを使ってみる

PREPAREを使うとSQLの一時的な関数(のようなもの)を作成することができます。
以下にいくつかのPREPARE使用例を記します。
尚、このPREPAREで指定した設定内容は接続が切れると無くなります。

select now(); を PREPARE

psqlで接続し以下のように入力します。
select now();をshow_nowという名前で登録します。
execute show_now;でPREPAREで指定したSQLが実行されているのが確認できます。

sakura=# PREPARE show_now as
sakura-# select now();
PREPARE
sakura=# EXECUTE show_now;
             now              
------------------------------
 2013-01-23 21:23:58.49768+09
(1 行)

上記で操作したSQLを添付しておきます。

以下のようにすれば端末から実行できます。

psql < prepare01.sql

実行結果

$ psql < prepare01.sql 
PREPARE
              now              
-------------------------------
 2013-01-23 21:28:05.100399+09
(1 行)

PREPAREで引数を指定する方法

JavaやPHPのPreparedStatementを使う場合、?を使いますよね。
以下、PREPAREで引数を指定する方法を記します。

  1. テーブルの作成
    sakura=# CREATE TABLE foo (a int, b text);
    CREATE TABLE
  2. データのインサート
    sakura=# INSERT INTO foo VALUES(1,'sakura');
    INSERT 0 1
  3. データの確認
    sakura=# SELECT * FROM foo;
     a |   b    
    ---+--------
     1 | sakura
    (1 行)
  4. PREPAREでINS_SQLを定義
    sakura=# PREPARE INS_SQL (integer, varchar) AS
    sakura-# INSERT INTO foo VALUES($1, $2);
    PREPARE
  5. PREPAREでUPD_SQLを定義
    sakura=# PREPARE UPD_SQL (integer, varchar) AS
    sakura-# UPDATE foo SET b=$2 WHERE a=$1;
    PREPARE
  6. EXECUTEを使ってINS_SQLを実行
    sakura=# EXECUTE INS_SQL(2,'tsubaki');
    INSERT 0 1
    sakura=# EXECUTE INS_SQL(3,'suzuran');
    INSERT 0 1
  7. 上記で実行したINS_SQLでデータがインサートされているかを確認
    sakura=# SELECT * FROM foo;
     a |    b    
    ---+---------
     1 | sakura
     2 | tsubaki
     3 | suzuran
    (3 行)
  8. EXECUTEを使ってUPD_SQLを実行
    sakura=# EXECUTE UPD_SQL(1,'さくら');
    UPDATE 1
    sakura=# EXECUTE UPD_SQL(2,'つばき');
    UPDATE 1
    sakura=# EXECUTE UPD_SQL(3,'すずらん');
    UPDATE 1
  9. 上記で実行したUPD_SQLでデータがインサートされているかを確認
    sakura=# SELECT * FROM foo;
     a |    b     
    ---+----------
     1 | さくら
     2 | つばき
     3 | すずらん
    (3 行)

上記で操作したSQLを添付しておきます。

以下のようにすれば端末から実行できます。

psql < prepare02.sql

実行結果

$ psql < prepare02.sql 
DROP TABLE
CREATE TABLE
INSERT 0 1
 a |   b    
---+--------
 1 | sakura
(1 行)

PREPARE
PREPARE
INSERT 0 1
INSERT 0 1
 a |    b    
---+---------
 1 | sakura
 2 | tsubaki
 3 | suzuran
(3 行)

UPDATE 1
UPDATE 1
UPDATE 1
 a |    b     
---+----------
 1 | さくら
 2 | つばき
 3 | すずらん
(3 行)

スポンサーリンク


添付ファイル: fileprepare02.sql 127件 [詳細] fileprepare01.sql 128件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:08:00 (1216d)